2017年03月15日

神道のお葬式について

神道のお葬式とは?
神道のお葬式の事を『神葬祭しんそうさい』と言います。仏式との違いは、お経が祝詞、白木位牌が霊璽(れいじ).
神道では、亡くなられましたら神様になります。お通夜の時には選霊祭がありまして、消灯をして、霊璽を亡くなられた方に向けて《みたまうつし》をします。ここが、1番の違いでとても神々しい場面です。また、葬儀の言い方も違いがありまして、通夜を通夜祭並びに選霊祭、告別式を葬場祭と呼び、後の法要も仏式は初七日…が10日祭、20日祭等神道は10日毎です。神道は仏式に比べましてとても少ないので、あまり経験されていない方が多いとても思います。一度 機会がありました、思い出して下さい。

posted by 高天原本宮 at 22:23| 日記